製粉機入りました

ドイツからKOMO社のFIDIBUS XL無事に到着しました。
日本にはFIDIBUS21っていう廉価版を日本の代理店が扱ってます。
でもこの機種は業務で使うには非常に非力なんです。
モーターパワーが250Wしかないので高速で回転させ製粉することで発熱して風味も飛ぶし、熱で小麦に付いてる酵母もダメージ受けちゃいます。

なので上位機種一択だったのですが、ドイツのKOMO社にXLを直接オーダーしたら納期90日営業日と言われてしまいました。
アフターコロナの資材不足、ウクライナの戦争の影響が原因です。

仕方ないので少しだけ高くなるけどアメリカのKOMO社代理店にある在庫を日本への転送サービスを使って送ってもらいました。
これ、650Wの産業用モーターなので余裕の製粉パワーです。

田中三次郎商店の扱ってる独製の製粉機みたくインバーター付ければ回転数を落としてゆっくり製粉させることもできます。
ゆっくり回転させることで熱を持たせず製粉することが可能になります。

以前から何度かお話しさせていただいてる通り、今後は横田農場さんの有機スペルト小麦の玄麦を仕入れる予定になっているのでそれを製粉してパンに仕上げて販売します。
製粉したての粉で作るパンは風味と味が違います。ぜひみなさんにも体験して欲しいです。

関連記事

  1. ブーランジェリー&パティスリー
  2. Anova Precision Oven 各機能を解説
  3. Anova Oven こんな時はどうすればいいの?
  4. Anova Ovenアプリでハード系を焼いてみる
  5. 方向性の違い
  6. パン作りは時間じゃない
  7. Anova Ovenアプリは絶対に使おう!(設定編)
  8. Anova Precision Ovenのこと
PAGE TOP