Anova Precision Ovenのこと

インスタグラムでこれでもか!って言いまくっているスチームコンベクションオーブンです。
普通、スチコンって業務用で200万コースなのですが、これ日本へ配送料入れても8.5万円(2021年1月現在)です。
そしてこのオーブンが出る前から絶対ハード系のパン焼きに使えると思っていました。

一つ心配があるとしたら電圧が120ボルト用なのでもしかしたら日本では100ボルトなので温度が高くならないと思っていたので、買う前にAnovaのサポートエンジニアに聞いていたところ、アメリカには電圧が低い環境ないからわからないって言われて、あぁ、たしかにそうだよねぇって思ってとりあえず買ってみるかって思い、2020年10月に予約しちゃいました。

2021年の正月に届いたので早速、ハード系焼いたところ、めっちゃいい!! そして心配していた温度もしっかりマックスの250度出ている!

東芝の石窯なんて霞むくらいの性能の良さ!!!

その後、自分の持っているレシピを色々試してみました。クロワッサン、ブリオッシュ、ハードトースト、カヌレなどなど
どれも焼きムラなし、すごいクオリティが高いパンが焼けます。
そして焼いた感じは僕が持っている業務用オーブンとほぼ遜色がない。

こりゃ、皆さん絶対に買いですよ! わざわざ50万出して武蔵filsなんて買わなくってもオッケーです!

つい最近まで武蔵filsを使っていた僕が言うのだから間違いないですよ。

早速生徒さんでも買った人が出てきて、僕の感動をそっくりそのまま再現していました(笑)。

日本のオーブンはもう何年も進化していなくて、ほとんどが電子レンジとオーブンの一体型です。中国なんてパン焼き専用のオーブンがあるくらいなのに。
もうガラパゴス化しちゃっていますよね。だから白物家電が売れなくてどんどん中国母体の会社に買収されちゃうんだって思っちゃいます。

関連記事

  1. ルセットと製法
  2. ブーランジェリー&パティスリー
  3. Anova Oven こんな時はどうすればいいの?
  4. Anova Precision Oven 各機能を解説
  5. パン作りは時間じゃない
  6. 方向性の違い
  7. ホームページがリニューアル?
  8. ウォータータンクにヒビが入ってしまったので交換してもらいました
PAGE TOP